花束(お悔み)

 
The Samkuva Flower Shop
 
 
 
    花束(お悔み)
※全て税別の価格表示となっております。
 

 花束とは…
 
 お誕生日 記念日 送別などで使用することが多いですが、
 お悔みでもまた使います。
 
 お悔み用ってどんな時?
 
 一番多いのが、
 故人が事故で亡くなった場合
 現場に持っていく場合です。
 また通夜 告別式の際用いる場合もあります。
 花束は故人と最後にお別れする際
 棺に入れます。
 また、ご家族が持ち帰り、
 仏前に供える場合もあります。
 
 
    一般的なルール
 
 一般的なルールとして
 故人が亡くなられて四十九日までは
 お花の色は"白"です。
 
 基本的に内容は和風のお花が一般的です。
 しかし、
 故人がお花が好きだった場合
 また故人が若くして亡くなられた場合
 カジュアルな洋花を使用することもあります。
 
 またサイズはあまり大きくならないことです。
 金額も\3,000くらいが相場で
 それ以上の場合は故人と特別な間柄だった場合に限ります。
 

 
  花束(お悔み)
 価格:\3,300